馬刺しの部位|人気があるお肉はどこ?

馬刺しのお取り寄せどれが美味しいのか|口コミ・レビューが参考になる!

MENU

馬刺しの部位|人気があるお肉はどこ?

馬刺しの部位|人気があるお肉はどこ?
出典:http://suganoya.com/

 

 

馬の肉も牛肉や豚肉と同様に部位によって特徴があります。どこが馬刺しにするとおいしいのか、人気があるのかなど意外とわからないものです。初心者の方がどの部位を食べれば良いかなど、馬肉好きレベルに合わせたお勧めができればと思っております。

 

 

肩ロース(クラシタ)

肩ロースは脂肪と赤身のバランスが良い部位です。ちょうど良い脂ののりかたで馬刺しでは人気の高い部位です。さっぱりしているため焼肉やしゃぶしゃぶでも好んで食べられます。

 

フィレ(ヒレ)

馬肉の中でも特に人気の高い部位です。馬刺しといえば赤身、そのように考える方も多いのではないでしょうか。馬肉のさっぱりとしていて甘味のあるお肉を堪能したい方にはオススメです。馬刺し以外の調理方法では鍋で楽しまれる方が多いです。

 

フタゴエ

フタゴエは牛肉では聞かない部位ですね。じつはこの部位馬肉ならではのものなんです。食感に特徴があり馬刺し好きにはたまらないお肉になります。バラの下部分のおなか周辺にあるのですが、コリコリしていて味も濃いです。

 

たてがみ(コウネ)

首筋のたてがみの部分のお肉です。こちらも馬にしかない部位でゼラチン質のお肉はお刺身として人気が高いです。ゼラチン質なのですがもちっとした歯ごたえと甘みで女性に人気が高いです。赤身の馬刺し以外も食べてみたい方は、たてがみとほかの赤身の部位がセットになっているものを購入するとバランスよく楽しめます。

 

ロース

脂肪が少なめで、赤身はとてもやわらかいです。馬刺しといえばこの部位といっても良いでしょう。間違いなく一番人気の基本的なお肉の部位です。鮮やかな赤い色のお肉は脂肪がうっすらときめ細かく入っているのでうまみのバランスが絶妙です。馬刺し以外にもしゃぶしゃぶや鍋など様々な調理に対応しており、馬肉の中でも特に汎用性が高いです。