冷凍の馬肉をおいしい馬刺しに調理する方法

馬刺しのお取り寄せどれが美味しいのか|口コミ・レビューが参考になる!

MENU

冷凍の馬肉をおいしい調理方法|解凍のやりかた、さばき方

冷凍の馬肉をおいしい馬刺しに調理する方法

 

馬刺しをできるだけおいしく食べて欲しい。その気持ちで管理人をやっております。おいしい解凍方法や切り方、盛り付け方についてお話していきます。

 

真空パックを解凍する

 

 

未開封のまま、約5〜10分流水につけて解凍するのが最もおいしいです。流水の場合には短時間で解凍が進むため、肉汁を逃がさずに解凍することが可能です。浸す時間はおおよその時間ですので、お住まいの地域や季節によって変えてください。目安としては真ん中だけが凍っており、芯が残っているように感じられる程度になります。完全に解凍するとやわらかくスライスするのが難しくなります。特に赤身は身がやわらかく崩れやすいので厚切りになりがちです。

 

時間がある場合は、真空パックごと冷蔵庫に3〜4時間移しておくだけでも良いです。若干肉汁は出てしまいますがほとんど味の低下はありません。

 

馬刺しの解凍の注意事項
  • 常温での解凍は避ける
  • 電子レンジでの解凍は絶対にダメです。旨みも脂も抜けてしまいまずくなります
  • 解凍・開封後にすぐに食べること(再冷凍はなるべく避けたい)

 

 

馬肉の塊をスライスする

赤身のさばき方

赤身は霜降りのものに比べてお肉が柔らかいので少々切りにくいです。解凍は半解凍にしておくのが最も重要で、おいしくさばくコツになります。肉目に対して垂直に切るようにして2mm以下にスライスしてください。
ゆっくりと切り進めるように心がければ簡単にさばくことができますよ。

 

霜降りのさばきかた

まず、塊肉が大きい場合にはお肉を小さなブロックに切り分けます。このとき肉目に合わせて平行に切りましょう。ついでお刺身の形にさばいていくわけですが、このときは赤身と同様に肉目に対して垂直にスライスしてください。

 

 

馬刺しの盛り付け方

冷凍の馬肉をおいしい馬刺しに調理する方法

 

盛り付けは基本的に自由ですが、薬味を合わせておいておくのが王道です。にんにく、青ねぎ、しょうが、胡麻、青じそなどを組み合わせて盛り付けましょう。レモンなどを添えるのが九州では一般的に好まれているようです。

 

私はにんにく、しょうがの組み合わせとサラダに使うようなサニーレタスやブーケレタス、クレソンなどと合わせるのがオススメです。