馬刺しが生で食べることが許されている理由は?

馬刺しのお取り寄せどれが美味しいのか|口コミ・レビューが参考になる!

MENU

馬刺しが生で食べることが許されている理由は?

馬刺しは食肉のなかで最も安全と言われているものになります。これは一つには馬が抗原度が低いことによるためと言われています。抗原度が低いことによってアレルギーを引き起こす可能性が低く、安全性が高いと判断されているんです。

 

また馬は、牛や羊などとは異なり反芻動物ではないため腸管出血性大腸菌の保菌リスクが低いです。出血性大腸菌の代表はO157が有名ですね。牛肉の生食が厳しくなったのがこの菌によるものだったということで印象に残っている方は多いのではないでしょうか。馬は腸が一つしか持たない動物のために保菌が確認されたことがないと考えられています。これと同時に食肉による細菌性の食中毒についても、カンピロバクターのリスクが低いそうです。

 

馬刺しがおいしく生で食べられるのは、上記のような動物の種類による特徴だけではないのは知っておいてほしいです。これら馬肉の安全性は長期にわたって生産者が安全と安心を第一に考えてくれたことによるのです。生で食べられるように生産工程や設備、輸送方法など工夫してくれてようやく美味しい馬刺しが出来上がる。本当にありがたいです。

 

 

2011年に厚生労働省は馬刺しの製造時にはマイナス20℃で48以上冷凍することが義務付けました。冷凍することによって鮮度は保てるようになり消費者も安心して購入できるようになったのですが、うまく解凍できないと、薄くスライスできなかったり、変色したり、肉汁が出てしまったりと味が落ちてしまいます。本来の味が楽しめないのは残念です。ここでは私が購入した菅乃屋さんがおススメする解凍方法についてご紹介します。

 

 

 

馬刺しが生で食べることが許されている理由は?美味しい馬刺しの解凍方法は?の記事へ