馬刺しを食べておなかが痛くなることはある?

馬刺しのお取り寄せどれが美味しいのか|口コミ・レビューが参考になる!

MENU

馬刺しを食べておなかが痛くなることはある?

馬刺しを食べておなかが痛くなることはある?
馬刺しは魚のお刺身と同様に生の食品ですから稀に食中毒を起こすことがあります。馬の肉の場合には牛肉と比較すると少し異なる原因によるものになっているようです。

 

馬肉の食中毒の原因は「サルコシスティス・フェアリー」というものだそうです。筋肉に寄生する寄生虫の一種のようですが食後4時間を目安に下痢や嘔吐のが発生する場合があるようです。ほかの食中毒の原因菌に比べてその毒性は低いので、症状は軽く後遺症が残るような心配はいらないようです。サルコシスティス・フェアリーがついている馬刺しを食べても症状が必ず出るというわけではないとも言われています。

 

私自身食中毒になったことがないので、よくわからないのですが信頼のおけるお店で適量を食べていれば特に心配する必要はないかと思います。

 

 

菅乃屋の馬肉は徹底した品質管理と真空パックで常に新鮮なお肉を提供してくれています。厚生労働省の生産基準をクリアした正真正銘安全に配慮されたお店ということです。さらに世界基準である「SQF」と「HACCP」も取得できており、安全性では問題のないレベルの管理がなされていることがわかります。下手に外食チェーン店で注文して食べるよりも安全かと思います。

 

 

馬肉で食中毒を発生させない条件
馬刺しの調理で食中毒が起こりにくくさせるためには、冷凍処理をすることでリスクを低下させることができるようです。

 

○冷凍処理の温度の目安は
冷却後の温度がマイナス20度の場合には48時間以上
冷却後の温度がマイナス40度の場合には18時間以上